> お役立ちコンテンツ > > 招待ゲストを選ぶ方法

招待ゲストを選ぶ方法

招待ゲストを選ぶ方法

結婚式やウェディングパーティーを行う時、招待するゲストを選ぶ作業は大変ですよね。
どのような方法で選べば良いかの分からないと悩んでいる方へ、今回は、招待ゲストを選ぶ方法についてご紹介いたします。

招待ゲストを選ぶ方法

[梢討冒蠱未垢
結婚式は新郎新婦二人だけのものではありません。今まで育ててくれた両親をないがしろにしてすすめていくと、後からいろいろと言われて悩むことも。
招待する親戚について、どこまで呼べば良いのか両親に相談することは必須です。後々の親戚付き合いにも関わる大切なポイントになるので、しっかりと話し合いましょう。近所の人を招待するしきたりのある地域もありますので、事前打ち合わせは想像以上に大切。
親族を多く呼べば厳かな結婚式になりますし、友人を中心に呼べばカジュアルで楽しい結婚式となります。

▲殴好箸鬟螢好肇▲奪廚靴討澆
両親の意向を踏まえながら、招待するゲストをリストアップしてみましょう。
人数はとりあえず考えずに、招待しようと思う人の名前を全て挙げます。
親戚、上司、同僚、後輩、友人、恩師、お世話になった方…思いつく限り、紙に書き出していきましょう。

Mダ莉膂未鬚弔韻茲
リストアップしたメンバーを見て、「主賓」「絶対に招待する人」「招待したい人」「できれば招待したい人」の4つに分類していきます。
リストアップした人を全員招待することができれば良いのですが、会場の広さや予算によって、人数を減らさなければいけないことも。そんな時に、優先順位をつけておけば調整しやすくなります。
結婚式に呼べなかった人は、ウェディングパーティーに招待すると良いでしょう。

の床箸離丱薀鵐垢鮓る
両親に相談しながらゲストをリストアップしたら、新郎新婦お互いのゲストを調整しましょう。
どうしても、お互いの呼びたい人数は異なりますので、きっちり半々にそろえるのは難しいものです。バランスが偏っても本当に来て欲しい人だけを呼ぶのか、それともゲストの人数などバランスをそろえるのかはお二人と両親の意見を照らし合わせて決めるのが良いでしょう。高齢者の中にはゲストのバランスを気にする人もいますので、両家の意見を聞きながら、お互いの両親に恥をかかせないよう気を付けてください。

招待ゲストを選ぶ際に注意する点

招待ゲストを選ぶ際に注意する点

○職場はどこまで呼べばいいの?
職場の人を呼ぶ際に、どこまで呼べば良いのか悩む人は多いです。
気を付けたいのが、部署の中で一部の人だけを呼ばないということ。後々、気まずい雰囲気になる可能性があります。
人数が厳しい場合は、仲の良い人よりも直属の上司を優先してください。客観的に見た時に、納得のできる基準で選びましょう。

○異性をゲストに呼びたい
仲の良い異性がいる場合、その人も招待したいと考える人は多いでしょう。そんな時は、結婚相手とその両親に了承をもらってから招待するようにしてください。
許可なく勝手に友人異性をゲストに呼ぶと、相手が嫌がったり、後から相手の親に嫌味を言われたりする可能性もあります。

悩んだ時は

○披露宴とウェディングパーティーでゲストを分ける
両家のバランスを見ながら、結婚式場の人数にあわせてゲストを呼ぶのが難しい…そんな場合は披露宴には親戚だけを招待して、ウェディングパーティーに友達を招待するといった方法もあります。この方法なら、招待したい方を全員呼ぶことができます。

○職場ゲストで悩んだら
職場のゲストで悩んだら上司は披露宴、同僚は二次会に招待してしまいましょう。
同僚も上司に気兼ねすることがなくパーティーを楽しむことができます。